2017年(平成29年)

新チーム概要
 

2年生部員 11名
1年生部員 14名
マネージャ− 1名
     合計 26名

 
2年生 1年生  
チーム陣容はこちら(7/23)

練習試合                 練習試合日程詳細はこちら
 

秋の大会
2017年(平成29年) 兵庫県秋季高校野球大会
 

▽8月26日(土) 秋季大会神戸地区予選・敗者復活3回戦 対 伊川谷
                       ( あじさいスタジアム )

 

先発は1年生エースの左腕石川、1回1点、2回2点、4回1点と前半で4失点

6回は打線に捕まり6失点2アウトから竹本がリリーフするも、7回2失点、9回にも4失点合計大量16失点。

攻撃陣は2回5番金沢から打者10人4安打の攻撃で4点、

5回、6回、8回、9回に小刻みに各1点で合計8点

しかし失点があまりにも多く敗戦。県大会への出場を逃した。                   

伊川谷 1 2 0 1 0 6 2 0 4 16
兵 庫 0 3 0 0 1 1 0 1 1 8

【伊川谷】
G 内 藤 3 0 1
C 皆 木 4 4 2
E 阪 田 6 4 3
H 1 梅 木 5 1 1
A 大 本 5 3 1
F 小 嶋 6 1 1
B 前 川 6 3 2
@ 建 部 0 0 0
1 9 平 田 4 3 3
D 森 川 3 0 0
    42 19 14
【兵  庫】
F 須 藤 6 2 0
C 三 宅 5 1 1
E 1 竹 本 6 4 1
B 津 吉 5 0 0
H 金 沢 4 2 1
D 橋 本 3 2 0
A 西 山 1 0 1
G 中 園 4 1 1
@ 石 川 2 1 1
H 6 渡 辺 2 0 0
38 13 6
◇三塁打 阪田・平田
◇二塁打 竹本・金沢

観戦記 【武陽野球倶楽部会長 54陽会 武蔵 健児】 

今年のチームの弱点投手力の問題がもろに出たゲーム。来春までに各投手のレベルアップを期待する。


 

▽8月24日(木) 秋季大会神戸地区予選・敗者復活2回戦 対 御影
                       (              )

 秋季大会神戸地区予選の2回戦。兵庫は8月22日(火)敗者復活1回戦対県神戸商を打撃戦で12対10の接戦で勝って2回戦。相手は御影。

 先発は前の試合でリリーフの1年生竹本。

 1・2回は0封の好スタートしかし3回に上位打線に捕まる。

 2番ヒット、3番レフトオーバータイムリー3塁打、4番レフトオーバーツーランホームラン、5番にもレフトオーバー3塁打のあと暴投で計4失点。4回2アウト3塁で菅村にスイッチ。しかし3番にレフトオーバーのツーランホームランを浴び計6失点6回と9回に各1点の2失点。

 8回からは石川の継投だったが合計8失点

 攻撃陣は相手投手の好投で8回まで7安打、タイムリーヒット2本と敵失で2点計4点。9回裏1アウトの時点で4点差と敗色濃厚だったがしかしそこから奇跡が起きた。

 9番石川、ライト前ヒット1番須藤四球、2番三宅センター前ヒットで満塁。3番竹本押し出し四球、四番津吉センター前テキサスヒット二点差。5番金沢サードゴロ万事窮すかと思った瞬間ホームに悪送球。2者一気に生還でとうとう同点に追いつき、6番主将橋本がランナー1・3塁でレフト前にクリーンヒットを打って劇的なサヨナラ勝ちで敗者復活3回戦に駒を進めた。

                   兵庫、9回4点差を逆転サヨナラ勝利。        
御 影 0 0 4 2 0 1 0 0 1 8
兵 庫 0 0 1 2 0 0 0 1 5x 9x

 

【御 影】
H 福 良 3 0 0
E 宮 内 5 1 1
A 清 水 3 3 3
D 植 田 4 1 2
G 7 皆 川 4 2 1
B 青 野 4 0 0
F 蒔 田 1 0 0
H 8 不明 0 0 0
@  徐 4 1 0
C 福 島 4 3 0
32 11 7
【兵  庫】
F 須 藤 3 1 0
C 三 宅 3 2 1
@ 6 竹 本 4 0 0
B 津 吉 5 4 1
H 金 沢 3 0 0
D 橋 本 4 3 2
A 西 山 3 0 0
G 中 園 1 0 0
H 8 柴 田 1 0 0
E 渡 辺 2 0 0
1 菅 村 0 0 0
H 岡 田 1 0 0
1 石 川 1 1 0
       計  31 11 4
◇三塁打 清水・皆川・橋本
◇二塁打 津吉3・須藤

観戦記 【武陽野球倶楽部会長 54陽会 武蔵 健児】 

 今年のチームはあきらめない。弱い投手陣を守備と打撃でカバー。

 9回4点差を逆転し勝利した今日のゲームを忘れずに、今後も一戦一戦粘り強く戦い続けて欲しい。


 

▽8月22日(火) 秋季大会神戸地区予選・敗者復活1回戦 対 県神戸商
                          (あじさいスタジアム

 敗者復活1回戦は、あじさいスタジアムで1回戦敗戦の2日後8月22日(火)10時スタート。対戦相手は長田に負けた県神戸商。

 兵庫は20日神港橘戦6回から2回2/3イニングを1失点で好投した菅村(2年生)が先発した。

 1回相手1・2番に制球が定まらず四死球でノーアウト1・2塁のピンチ。3番をセンターフライで打ち取ったが4番にセンター前にタイムリーヒットを打たれ1点先制される不安なスタート。5番を2塁ゴロ併殺でしのいだあとは4回まで0封。

 攻撃は1回1点3回2点4回に5点とって逆転。

 しかし大量リードで気が緩んだのか5回2点6回4失点で1点差に。7回からショート竹本(1年生)がリリーフにまわった。

 攻撃陣は7回に1点、8回には今日のラッキーボーイ8番センターの中園(2年生・副主将)が4安打目のレフト線に強烈な2点タイムリーヒットを含む3点で合計12得点。

 リリーフの竹本が失点を8回1点9回2点合計計10点で抑えた。

 やっと公式戦の初勝利を挙げた。 

県神戸商 1 0 0 0 2 4 0 1 2 10
兵 庫 1 0 2 5 0 0 1 3 x 12

 

【県神戸商】
C 藤 嵜 4 2 2
G 児 島 4 0 0
H 山之内 5 1 2
A 金 城 5 3 1
@ 平 野 2 1 0
1 小 山 3 2 0
E 石 橋 5 1 1
F 藤 井 5 2 1
B 松 本 5 2 1
D 梶 山 5 2 2
43 16 10
【兵  庫】
F 須 藤 5 2 0
C 三 宅 5 2 1
E 1 竹 本 3 1 1
B 津 吉 4 2 3
H 金 沢 4 1 3
D 橋 本 5 1 1
A 西 山 4 0 0
H 福 本 0 0 0
2 谷 掛 0 0 0
G 中 園 5 4 2
@ 菅 村 2 1 0
6 山 村 1 0 0
H 谷 掛 1 0 0
1 澤 井 0 0 0
1   渡 辺 0 0 0
   計  39 14 11
◇三塁打 藤井
◇二塁打 津吉・金沢・菅村
      ・中園

観戦記 【武陽野球倶楽部会長 54陽会 武蔵 健児】 

 2年生のサイドスロー菅村君が6イニング7失点、ショートからリリーフした1年生竹本君が3イニングを何とか3点に抑え初勝利を挙げた。

 兵庫の打線は11番レフト須藤が2安打、2番三宅セカンドが2安打、1打点、3番竹本1安打1打点、4番フアーストの津吉は2塁打1本を含む2安打3打点。5番ライト金沢は1安打3打点、6番サード橋本は2安打1打点。8番中園は今日のラッキーボーイ二塁打1本を含む4安打2打点、チームとして15安打11打点。攻撃力は及第点。投手陣の奮起を期待する


 

▽8月20日(日) 秋季大会神戸地区予選・1回戦 対 神港橘
                          (神港栄グラウンド

 秋季大会神戸地区予選が早くも開幕した。兵庫は第2日の8月20日(日)、神港栄グラウンドで1回戦を相手ホームグラウンドで神港橘と対戦。1回に1点を先行されたものの、その裏4番津吉のショート強襲の2塁打で同点とし、3回1点4回2点と小刻みに追加点をタイムリーヒットやスクイズであげ逆転。エース1年生の左腕石川が、左腕の故障を感じさせない好投でこのままいけばコールドで勝てる雰囲気だった。しかし5回突然2連続四球とエラーで満塁となると押し出し四球と4本のタイムリーで8点を失い降板。その後苦しい3人の投手リレーで5失点、5回9回に1点ずつ返したが14対6の敗戦に終わった。

             兵庫、一時は逆転も無念の大負。
             エース、左腕痛で実力出ず

    
神港橘 1 0 0 0 8 1 0 0 4 14
兵 庫 1 0 1 2 1 0 0 0 1 6

 

【神港橘】
G 山 城 4 2 1
H 市 村 3 1 2
C 斎 藤 4 2 2
D 木 梨  4 1 1
F 弓 場 5 3 3
B 福 井 2 0 0
3 宇 藤 2 1 1
A 土 池 4 1 0
@ 光 弘 3 0 1
1 小 西 0 0 0
H 横 川 1 0 0
1 木ノ本 0 0 0
E   吹 田 5 1 2
37 12 13
【兵  庫】
H 8 須 藤 4 3 0
C 三 宅 3 1 0
E 竹 本 3 1 1
B 津 吉 5 3 1
H 金 沢 4 3 1
D 橋 本 3 1 1
A 西 山 3 1 1
G 中 園 3 0 0
H 岡 田 0 0 0
H 9 福 本 1 0 0
@ 石 川 2 1 1
1 菅 村 1 0 0
H 谷 掛 1 0 0
1 澤 井 0 0 0
1   渡 辺 0 0 0
   計  33 14 6
◇三塁打 弓場・宇藤・三宅・西山
◇二塁打 山城2・斎藤2・弓場
      ・津吉2・橋本

観戦記 【武陽野球倶楽部会長 54陽会 武蔵 健児】 

 マウンドで1年生エース石川の様子がおかしい。ストライクが全く入らないのだ。1−4で迎えた5回表だった。3点リード。これまでの投球内容であれば(4回被安打1失点)勝利がみえてくるはずだった。

 「疲労骨折で投げられないかも」。試合前日、栄監督は打ち明けた。

 やはり5回は全くピッチングにならなかった。5回にリリーフし3回2/3を投げ被安打2・失点1だった2年右サイドスローの菅村の好投が光った。

 兵庫の打線は11番センターの須藤が3安打1盗塁、2番三宅セカンドが3塁打、1打点、4番フアーストの津吉は2塁打2本を含む3安打3打点。チームとして13安打6打点の攻撃力は及第点だが、今後は外野の守備と投手陣の制球力のアップを期待する


過去の戦績
2017年 2016年
夏の大会まで   夏の大会まで 秋の大会
2015年  2014年
夏の大会まで  秋の大会  夏の大会まで 秋の大会 
2013年 2012年
夏の大会まで  秋の大会 夏の大会まで 秋の大会
2011年 2010年
夏の大会まで 秋の大会 夏の大会まで 秋の大会
2009年 2008年
夏の大会まで 秋の大会 夏の大会まで 秋の大会
2007年

2006年

夏の大会まで 秋の大会 夏の大会まで 秋の大会
2005年

2004年

夏の大会まで 秋の大会 夏の大会まで 秋の大会
戻る(ブラウザーの戻る)