武陽原賦
                 作詞   旧職員 白井 敏輔
           作曲 ドイツ賛美歌
 

開始は左端の)ボタンを、 中止)ボタンをクリックしてください。 

一 名も千載にかんばしき
         湊川原の片ほとり
    黎明の光身に浴びて
         希望に生ける健児あり

二 ああ新興の気を負ひて
         濁世の中にわれ立てば
    自覺の琴は高鳴りて
         熱血沸くを覺ゆかな

三 時代の風の吹き荒れて
         道義のひかり衰へぬ
    起つべき時は今なるぞ
         至誠の道をひとすぢに

四 花の装ひ蝶の舞ひ
         浮華の夢をばわれ説かじ
    質素の風を帆に孕み
         勤儉の海漕ぎ行かむ

五 雨露風雪と戦ひて
         武陽が原に膽を錬り
    剛健の質鍛ひなば
         やがて雄飛の時は來む

六 自重と自治の精紳の
         根ざしを深く固めつつ
    前途の闇を照さむは
         吾等が負へる使命なり

七 起てや武陽の健男児
         紀元は已に開けたり
    流風四方を薫じつ
         尊き歴史作らなむ

 

戻る